新型コロナウィルスの流行について

 2月に入って中国武漢市に端を発した「新型コロナウィルス」の感染状況が日に日にクローズアップされてきました。

特に横浜ふ頭に係留されていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での検疫、感染者の病院(感染指定)への移送等が連日のようにニュース等で報じられています。

その後、感染ルートが不明な発症者が出て、国の「新型コロナウィルス感染症対策本部」でも「市中感染」の状況にあるとの見解を示しております。

約10年前に発生した「新型インフルエンザ」の時もその流行が世界的に広まり水際作戦ということで成田空港での検疫等の対策が毎日のようにテレビ画面に映しだされていました。

それが落ち着いたところで今回の流行ですが、本当に目に見えないところでの感染の恐れがあり不安もあるわけですが、日本の医療の底力を信じて自分自身で可能な限りの予防策(手洗い、咳エチケットの励行、体調の変化があったときは相談・受診)を講じて一日も早い「新型コロナウィルス感染」の終息を望みたいものです。

令和2年2月

上毛共済生活協同組合 理事長 小出 省司

 

上毛共済のお申し込み・お問い合わせはこちらまで

TEL.027-210-7733

上毛共済生活協同組合 〒371-0847 群馬県前橋市大友町1-5-5

Return Top